ED(勃起不全)の治療薬といえば、バイアグラが有名です。ですが、個人の体質によってはバイアグラが適さない、という方もいらっしゃると思います。今回は、そんな方のためにバイアグラ以外の治療薬に着目したいと思います。

バイアグラは患者の健康状態によって飲めないことも

男性のEDはかつては治療でも改善が難しいものがありましたが、バイアグラという画期的な薬が登場したことで、多くの男性が悩みを解消できるようになっています。

EDの症状は勃起に十分な血流が得られないことで起こりますが、バイアグラは血流を改善し、勃起をサポートしてくれる薬です。
薬は飲んでいるときの効果で、性欲を高める薬ではありません。

安全性の高い薬ですので、健康な方ならまず安心して使えるといえますが、患者さんの中には何らかの疾患がある人もあり、その健康状態によっては薬が使えないこともあります。

薬の処方は医療機関で行われますが、このときに健康状態を確認されますので、健康に不安のある人やすでに治療中の方はそのことを正直に話し、薬を飲んでいる場合はその薬も伝えておきましょう。
バイアグラは禁忌もありますので、安全に使うためにもしっかり確認しておきましょう。

まず薬を代謝するには腎臓や肝臓が健康であることが大切ですので、腎臓や肝機能に問題がある人は薬を使うことが難しくなってしまいます。
さらに狭心症の治療でニトログリセリンを使っている人には禁忌となっていますので、併用しないようにしましょう。
バイアグラは元々狭心症の治療薬として開発されたものですので、併用すると血圧が下がりすぎてしまうこともあります。

それから半年以内に脳梗塞や心筋梗塞を発症している人、高血圧や低血圧など血圧に異常値がある人、網膜色素変性症という目の疾患がある人も使用がふさわしくありませんので、こちらも医師に相談しておきましょう。

そしてリスクを抑えるためには健康な方でも正しく使用することが大切です。1日何回も飲む、多目に飲むなどは避け医師の指導を守り正しい服用を行いましょう。

page top