ED(勃起不全)の治療薬といえば、バイアグラが有名です。ですが、個人の体質によってはバイアグラが適さない、という方もいらっしゃると思います。今回は、そんな方のためにバイアグラ以外の治療薬に着目したいと思います。

病気の治療薬として開発のバイアグラと効果を得る方法

男性にとって、性交の最中に十分に勃起出来なかったり、勃起を維持出来ないといった形で勃起不全が起きてしまうと、男としての自信を失ってしまうものです。しかも勃起不全が厄介なのが、中年以降の男性が体力的な衰えで発症するだけでなく、若者でもストレス等の精神的な要因で発症するケースがあります。しかも一度、勃起不全を起こしてしまうと、性交の度にまた症状が出るんじゃないかと心配になり、その心配が勃起不全の症状を誘発してしまうという悪循環を生み出すのです。
そういった勃起不全対策の薬として有名なのが、バイアグラです。ですが実の所、このバイアグラというのは男性が悩む、勃起不全の症状を改善するために開発された薬ではありません。バイアグラというのは元々、心臓の病気に対処するために開発された薬なのです。
というのも狭心症という心臓の病気に対処するため、体内の血流を良くするという効果を持たせた所、偶然勃起不全の症状に高い効果を持つ事が判明しました。その結果、現在では勃起不全の改善効果の高い薬として、用いる様になったのです。なので元々は心臓の病気のための薬である事を理解し、必要以上に服用し過ぎない様に注意する必要があります。服用し過ぎると、他の薬と同様に副作用が起きる危険があるのです。
更にバイアグラできちんと勃起不全の改善効果を得たいなら、その効果の出方をしっかり把握する必要があります。というのもバイアグラは薬とはいえ、服用して即座に効果が得られるものではないです。空腹時だと凡そ30分、それ以外の場合は、1時間前後で効果が出て来ます。なので効果をしっかり得る方法としては、それらの時間を目安にして性交の最中ではなく、性交の前に予め服用しておく事がおすすめです。

page top